塗替え時期の目安

Signs

屋根外壁の塗替え専門店サンユウ

※メニューを閉じる場合は暗い部分をタッチ

関連サービス

自宅をチェック!

劣化進行度

こんな症状が現れたら「塗替え時のサイン」かもしれません!

このような症状がひとつでも当てはまるなら、それは「塗り替えのサイン」です。 無料点検・無料診断より問題箇所の発見、無料のお見積りをいたします。お早めにサンユウにご相談ください。

チョーキング

チョーキング

外壁を少し触っただけで、白い粉状のものが付く状態をチョーキングと言います。 これは塗膜表面が劣化して起こる症状なので、この状態だと紫外線、雨水から外壁を守る効果がほとんどありません。これを放置すると汚れ、カビ、藻、コケ、ひび割れの原因となり、外壁の劣化などにつながる恐れがあります。

藻の発生(外壁)

藻の発生(外壁)

藻は日陰や湿気の多い場所で発生しやすく、家の陰や北側で多く見られ、 垣根・植込みなど植物の近くなどで発生します。 築5年以内でも環境により発生し、築10年を経過する頃にはほぼ発生しています。 藻は塗膜の劣化により防水性が低下し、外壁の表面に発生しやすくなります。 藻が直接外壁や屋根を傷める原因ではありませんが、塗膜の劣化により保護効果が低下しているサインなので、放置することにより、さらなる症状の悪化につながります。

藻の発生(外壁)

藻の発生(屋根)

藻やコケ、サビやカビが発生した状態です。 塗装している場合は塗膜が劣化しており、屋根を保護する効果が低下。 そのため屋根の劣化を早め、雨漏りなどの原因となります。

サビの発生(外壁)

サビの発生(外壁)

サビが発生した状態です。 塗装している場合は塗膜が劣化しており、外壁を保護する効果が低下。 そのため外壁の劣化を早め、雨漏りなどの原因となります。

コーキングの割れ

コーキングの割れ

大きな亀裂が入っている状態です。防水の役割を果たさず水が浸入します。 雨漏りの原因となり、様々な症状を引き起こす原因ともなります。

クラック(ひび割れ)

クラック(ひび割れ)

0.3mm以下のものをヘアークラック、0.3mm以上のものを構造クラックと呼び、構造クラックの場合は早急なメンテナンスが必要となります。クラックはそこから水分や湿気が入りこみ、さらなる症状の劣化を招きます。 軽度の劣化であれば、上塗り材の再塗装だけで対応できるので 費用の負担も比較的軽いです。 しかし重度の劣化となれば工程を増やした補修が必要となりますので 費用の負担が重くなりがちです。 一刻も早い診断が必要です。

屋根塗膜の膨れ

屋根塗膜の膨れ

経年劣化や外部からの水分の侵入、施工不良により、塗膜が膨れた状態です。 景観を損なうだけではなく、塗膜の剥がれの原因となり、防水性を損ないます。 屋根の耐久性を損なう前に、塗替えをオススメします。

屋根の塗膜はがれ

屋根の塗膜はがれ

日光による熱や紫外線、強風や雨、鳥のフン等がダメージとなり、塗装がボロボロの状態になっています。日頃のダメージと経年劣化により塗料の耐久性が損なわれ、塗料が剥がれた状態です。雨漏りの原因となり、屋根の耐久性を著しく低下させるため、すぐにでも屋根の掃除と塗替えが必要様な状態です。

割れの発生

割れの発生

コロニアル屋根は割れやすく少し触っただけで取れてしまう場合があります。 これを放置すると雨漏りなどの原因となります。

これらが当てはまった場合、修繕費用はいくらかかるんだろう?